奥志賀高原スキー場

奥志賀高原スキー場

志賀高原スキー場の一番奥、焼額山の北東斜面にあるのが奥志賀高原スキー場です。志賀高原エリアの中でも屈指のリゾート地であり、スキーヤー専用のゲレンデはとても静かで、ここだけ時間の流れが違うような錯覚を起こしそうになります。リゾートなので他の一般的なスキー場と比べると、お昼ご飯などはややお高めですが、その分クオリティも高く、カップルのデートや夫婦の旅行などにピッタリのスキー場です。

奥志賀高原スキー場について

奥志賀高原スキー場は志賀高原一帯の志賀高原スキー場で一番北にあり、一の瀬方面の最奥部に当たる焼額山の北東斜面に広がっています。スキー以外にも避暑や登山など、通年リゾートとして多くのファンを持つ場所です。各施設は基本的にそれぞれ独立していますが、一体として奥志賀リゾートをなすようになっています。ホテル以外はほとんどが奥志賀高原ホテルの物ですが、奥志賀滞在者等の非宿泊者にも開放されています。宿泊キャパシティーをも計画し、静かさを維持しており、近年はゆっくり過ごせる長期滞在のリゾートとしての性格を更に強めています。「奥志賀」と言えば基本的に広義の奥志賀エリア全域を指しますが、エリア内では上部最奥のホテルがあるエリアを指し、「大洞(おおぼら)」と言えば下部手前のゴンドラがあるエリアを指します。基本的に奥志賀エリアがベースとなっており、各種施設も集中して充実しています。大洞エリアには杉山スクール直営宿舎「スポーツハイム奥志賀」とレストラン「サンクリストフ」が奥志賀ゴンドラより徒歩1分の所にあります。現在は隣接している焼額山スキー場と行き来できますが、焼額山スキー場が出来るまでは、一の瀬の方面と長年切り離されていたことと、奥志賀高原ホテルを中心とした一体開発により、独特の雰囲気と静けさのある高級リゾート地となっています。リフト6本(内ゴンドラ1本)、コース8本からなるスキー場で、標高は1500~2000mと高く、初雪が10月下旬には降り、例年12月上旬にはオープンし、5月の連休まで営業しています。ただし、4月上旬以降は数本リフトが運休する場合があります。特に尾根沿いを走るダウンヒルコースは、適度な斜度とカーブがある中斜面で、ゴンドラ1本で約2800mの滑走ができ1番人気のコースとなっています。リフトパスは標準的な一回券やポイント制回数券、一日券が用意され、一日で5000円弱と少々高めの設定となっています。数日券やシーズン券、白馬八方尾根スキー場や野沢温泉スキー場、その他との共通券もあります。また割引になる食事券付きやファミリー券などもあります。ICチケットが導入され、チケットを返却すれば戻る保証金がひとつにつき1000円かかります。熊の湯スキー場や横手山スキー場方面へは滑走で向かうことは出来ないため、シャトルバスを利用するのが便利です。なお、奥志賀高原では一般的なスキー以外の滑走が禁止されています。

ゲレンデ

最低標高1470m、最高標高2000mです。尾根伝いのコースが多く、視界が開けており素晴らしい景観を楽しむことができます。目の前には志賀高原最高峰の岩菅山系がそびえています。反対側には黒姫山や妙高山があり、晴れていれば遠く北アルプスを望むこともできます。急斜面など難しいところには迂回コースが設置され、少々狭かったりするところがあるものの、初級者でも滑ることができるよう工夫がなされています。奥志賀エリアとおおぼらエリアとに分かれており、どちらのエリアも第3リフト上部とゴンドラ山頂駅で接続しています。焼額山山頂の第4ゲレンデ最上部と第6ゲレンデ下方でとなりの焼額山スキー場と接続しています。基本的にひとつのコースにひとつのリフトが掛かっていたこともあり、それぞれのコース数字はリフトと相対しています。数字の無いコースはゴンドラのコースとなります。例外として、現在の第2高速リフトは第1ゲレンデ下部から第3ゲレンデの下部を結んでいます。

この冬、スキーでキメる!

コース紹介

初級コース

第1ゲレンデ
・・・奥志賀高原ホテルの正面に当たる場所にあり、ファミリー向けの広い緩斜面で、初心者でも楽に滑走できる。また、第1リフト全長に沿ってもコースがあり、こちらはエキスパートからの滑走がなく林に囲まれて非常に静か。
第1キッズ林間コース
・・・第1ペアリフトの降り場向けの右方にリフトに沿ってある。コースというよりは林の中の遊び場的な雰囲気。
キッズパーク
・・・第1ペアリフト乗り場横にある。入場料500円。15mのベルトコンベヤー式リフトがあり楽に登れる。
第2林間コース
・・・エキスパートコースの迂回路。くねくねと林の中を通るコースで、眺めも良い。途中でエキスパートコースに合流することも可能。
第4ゲレンデ
・・・前半は少し急だが、後半はなだらかなコース。初級・中級のレベルアップに最適なコース。雪が緩む季節になると前半の斜面にはコブが出来ることも。焼額山スキー場との接続点でもある。
第6ゲレンデ
・・・緩斜面が続く、比較的空いている静かなコース。リフトの右方には上級者向けの熊落としコースがそびえており、それを望むことができる。
ヒルサイドコース
・・・ダウンヒルコースの迂回路。コース入り口付近に未圧雪エリアがあるので注意が必要。

中級コース

第3ゲレンデ
・・・最後に少し急な所があるが、プルークボーゲンができれば初級者でも問題なく滑ることができるコース。展望台があり、雪像やかまくらなどの遊び場にもなっている。
ダウンヒルコース
・・・全長2200mのロングコース。山頂から一番下まで一気に滑り下りることができる一番人気のコース。中級者は上級向け部分をヒルサイドで迂回出来る。初級者も迂回コースを使えば滑走可能。

上級コース

第2エキスパートコース
・・・人気の上級コース。滑り出しが急斜面だが、林間コースで迂回できる。混雑した日の午後あたりにはコブだらけになるので注意。
熊落としコース
・・・奥志賀高原で1番の急斜面を持つコース。また幅も狭く非常に迫力があり滑り応えがある。圧雪車が入らないので、常時大きなコブができている。春先などは雪崩の危険などもあり、閉鎖されることもある。
スキーvsスノボ

オススメポイント

スキーヤーに人気の奥志賀高原スキー場。一般的なスキー以外は滑走禁止なので、安全にかつ目一杯滑ることが出来るのが嬉しいポイントです。私はスノボもスキーもやりますが、同じゲレンデで滑っているとお互い怖いんですよね。スキーをしているときはボーダーがコースの真ん中で座り込んでいたり、グラトリに興じていたりして嫌だなーと思いますし、スノーボードをしているときは、スキーヤーがびゅんびゅんスピードを出して滑っていくのとか、列をなして旋回しているのを見て嫌だなーと思うものなのです。ですが、奥志賀高原スキー場ならそんなこと気にせず、好きなだけスキーを楽しめます。他のスキー場にはない独特の静けさと雰囲気があり、レストランや休憩所にもどことなく高級感を感じます。初心者コースから上級コースまであり、気分に合わせて林の中を滑ってみたり、コブに挑戦してみたりと色々できるので楽しいです。山の中にはツリーハウスがあったり、雪像やかまくらがあったりして、スキー以外の部分でも楽しめます。標高が高いのでいつ行っても良質な雪に恵まれており、ここでスキーをするとすごくうまくなったような気分になれるので、お気に入りのスキー場となっています。いつか熊落としコースを颯爽と滑ってみたいと思っているのですが、コブコブと急斜面にいつもへっぴり腰です。ですがそれほど混雑もなく、基本的に幅の広いコースばかりなので練習には最適だと思います。